Man Furuya

                                                                                   What's new 11                 

           

                                                                                  October 7, 2021

                                                           No. 092021   The City and A Moon Trail, 2021


いつから数字が都合の良いアイテムになったのだろうか。次の波の予告までしてるし。^^

あえて騒がなくなった自信が逆に怖い。さて大型作品を観てきました。やはり繋がっていました。遅れ上映は織り込み済みのようで。とある転生作品の予告もやっていました。^^


以前何故に転生モノが増えているのかようやくここで繋がりました。敷居を低くして状況によって希望と夢のヴァーチャルへのお誘いという訳かもしれません。技術的にはAIヴォイス、3Dアバター撮影、AI義脳などなど。既に技術的にはもう、ね。^^


ここは作品を語る場でありまして、余計な事ばかり。。さて今回の作品は以前からあたためていた場所からのお馴染みの構成作品。ほぼ無修正という。全作品のテーマであるヴァーチャルではないReal Imagination、現想図の構築がここでも繋がったのか。^^



October 14, 2021

                                                     No. 050210   The Tokyo Sky Tree and A Moon Trail, 2010


今見ると面白い。^^

2010年5月2日か、、あの頃は平和だったなぁ、とか。^^


また映画を観てきました。昔の作品を4Kにコンヴァージョンしたとか。おそらくソフトを用いて自動でやったのかと思えるくらい。当時の色彩設計、美術監督の方からしたら申し訳ないと思うのだが。なんでもAI任せにせず今後はこうしたコンヴァージョンの技術者の育成が急務かもね。



October 21, 2021


                                                   No. 040912   The Tokyo Sky Tree and A Moon Trail, 2012


それでこちらが完成後に撮影したもの。時季的には向こう岸にも桜が咲いていて少し賑やかです。

現在この撮影場所には船着場が出来ていて船用の杭が何本か打たれています。同じ構図を構えると杭と時には船が構図に入って来ます。^^




October 28, 2021


                                                                        No. 031919-1   Seascape, 2019


興味、好奇心があればそれが自然と被写体となる。

冬場の海はいいね。^^



November 4, 2021


                                                                        N0. 031919-2   Seascape, 2019


なんとなくの、

小雨模様の浜辺もいいね。^^

 


 November 11, 2021

                                                                    No. 102121   One Day, One Night, 2021


静中動(セイチュウノドウ)を英語にしますと”Seeing Motion in Fixed Images”となります。

静なる中に動きを見たり捉えたりの見識です。今回はその例とでも言いましょうか。

画面右上に何か光が見えますが分厚い霧がかった4時間ほどの撮影中たまたまその時に表れた月が写っている状態です。撮影中私は夢の中、そして現像後に現れる夢の世界。^^

皆さんにはもう月の動きが見えますでしょうか。^^



November 18, 2021

                                                              No. 010820-3   A Moon Trail (a part), 2020


今年もこの撮影場所の季節がやって来ました。今年度で全て完了したいものであります、が、

果たしてどうなる事やら。^^



November 25, 2021


                                                                       No. 111821   Free Shooting, 2021


撮影当日考えていた場所が冬季通行不可になっていまして、、一応調べてはいたのですが。まあ、

もうそのような季節ですよね。冬場は南か低地、夏は北と高地へと何か渡り鳥みたいになっています。^^

この湖にも何種類かの鳥がいましてふと思った次第です。ちなみこちらは東北の地。



December 2, 2021

                                                                        No. 111921-1   Tiny Greens, 2021

                                                                        No. 111921-2   Tiny Greens, 2021


撮影の準備が出来て開始までの間ふと足元を見回すと苔、地衣類がたくさん。^^

よく見ると種類ごとに分布していたり、その間は混ざっていたりと。まあ、せめぎ合っているのです。これサンゴ礁も同じだし、植物の分布も良く観るとせめぎ合っての物語が見えてきそうです。^^

大なり小なり万物のモノはその中で成立しているようですが。生存のくくりで人間に置き換えるとそれは勝ち負けとなる訳ですがそれを美しいとか好まない存在は果して何なのでしょうかね。^^