キャッチコピーなど - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

from the place 291
from the place 290
from the place 289
from the place 288
from the place 287

カテゴリー

Curiosity
Exactly
from the place 186~190
from the place 1~5
from the place 101~105
from the place 106~110
from the place 11~15
from the place 111~115
from the place 116~120
from the place 121~125
from the place 126~130
from the place 131~135
from the place 136~140
from the place 141~145
from the place 146~150
from the place 151~155
from the place 156~160
from the place 16~20
from the place 161~165
from the place 166~170
from the place 171~175
from the place 176~180
from the place 181~185
from the place 191~195
from the place 196~200
from the place 201~205
from the place 206~210
from the place 21~25
from the place 211~215
from the place 216~220
from the place 221~225
from the place 226~230
from the place 231~235
from the place 236~240
from the place 241~245
from the place 246~250
from the place 251~255
from the place 256~260
from the place 26~30
from the place 261~265
from the place 266~270
from the place 271~275
from the place 276~280
from the place 281~285
from the place 286~290
from the place 291~295
from the place 31~35
from the place 36~40
from the place 41~45
from the place 46~50
from the place 51~55
from the place 56~60
from the place 6~10
from the place 61~65
from the place 66~70
from the place 71~75
from the place 76~80
from the place 81~85
from the place 86~90
from the place 91~95
from the place 96~100

アーカイブ

12月 2018
11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011

検索エンジンの供給元:

マイブログ

from the place 236~240

from the place 243

この時季東京では湿度の低い冬晴れ、神奈川の海岸線ではものすごい潮風、
その分山の向こうでは吹雪という今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
というわけで今回は懐かしのヨセミテ時代の一枚。
























滝だけでなく岩壁の表面も凍って霜がつきます。すると反射光が変わりまして
実体として独特の色合いとなるのです。当時はこの岩肌、季節によって、その種類によって鉱物がどのように光りを反射して結果としてフィルムに写るのかなど考えが及びませんでした。実はこれは大きな鉱物写真だったとは。

時が経つのは早いものだけどでもその間って。^^

No. 120803   Yosemite Falls, California, 2003

古家 万


from the place 240

小さい小さい !























地球の地磁気が逆転したり不安定だったり過去360万年間だけを見ても11回繰り返しているとか。その最後(最近)にあたる77万年前の逆磁極期(赤印の地層部分)から過渡期の磁極遷移帯(黄印地層)を経て現在の正磁極期(緑印地層)に至るそうで。ここはその過程を地層を通して観られるところ。

地磁気というのは宇宙放射線をさえぎってくれるバリヤーみたいなもの。
その地磁気が逆転する際不安定な時期100〜年単位をかけて移行するのだけれどその間地球上の生物は宇宙放射線にさらされる。おそらく深海生物態系は一番その影響が低いと思われる。そういう過程を経て現在があるのだという真に想像が膨らむのですがどうでしょう。(ずれました)^^
(見学の方は長靴は必要です)


No. 120617-1   Global Boundary Stratotype Section and Point,  Chiba, 2017


古家 万

from the place 239

さてさて現像も済みまして。















トリミングもし直しまして。

何か富士山にも見えますけど浅間山を望んでおります。煙噴いております。
来月また撮影したいのだけれどスノーコンディション?行けるだろうか。^^


No. 120217-2   Mt. Asama and A Pine Tree, 2017


古家 万

from the place 238

雪で行けなくなる前に。















今年の3月に訪れた時はここまでたどりつけなかった。ま、来ようと思えば
不可能ではないが道中のアイスバーンを機材をかついでさらに気温はー5〜10度。
それで今回はそうなる前に。ふぁいとーおー。^^
これはコンパクトカメラによるテストショット。本番は只今現像中。

No. 120217   

古家 万

from the place 237

本日、月の軌道が良い日だったのですがあいにく天候の方がおりあわず。
よくある事で次回に持ち越しとなりました。
というわけで今回は色々。





















No. 100517-3   Moving Moon, 2017






















No. 100417-a   Recalling Rainbow, 2017






















No. 100517-a   Twisting Tree, 2017


超常現象の数々。^^

古家 万




from the place 236

時は2017年11月5日
以前撮影した場所へ行きました。
と言いますのもススキの様子、何時がピークなのか良く判らずとりあえず10月
撮影分と比べたかったからです。
そして11月5日撮影分が下のようになります。













   No. 110517-2                                                              No. 110517-1


そしてこちらは10月7日撮影。






















No. 100717-2   Untitled, 2017






















No. 100717-1   Untitled, 2017

こういう違いがあります。
結果ですがススキとしてのピークは11月分が良いと思われますが構図中の色味のバランスから作品としては10月撮影分としました事をお知らせいたします。^^


古家 万