キャッチコピーなど - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

from the place 287
from the place 286
from the place 285
from the place 284
from the place 283

カテゴリー

Curiosity
Exactly
from the place 186~190
from the place 1~5
from the place 101~105
from the place 106~110
from the place 11~15
from the place 111~115
from the place 116~120
from the place 121~125
from the place 126~130
from the place 131~135
from the place 136~140
from the place 141~145
from the place 146~150
from the place 151~155
from the place 156~160
from the place 16~20
from the place 161~165
from the place 166~170
from the place 171~175
from the place 176~180
from the place 181~185
from the place 191~195
from the place 196~200
from the place 201~205
from the place 206~210
from the place 21~25
from the place 211~215
from the place 216~220
from the place 221~225
from the place 226~230
from the place 231~235
from the place 236~240
from the place 241~245
from the place 246~250
from the place 251~255
from the place 256~260
from the place 26~30
from the place 261~265
from the place 266~270
from the place 271~275
from the place 276~280
from the place 281~285
from the place 286~290
from the place 31~35
from the place 36~40
from the place 41~45
from the place 46~50
from the place 51~55
from the place 56~60
from the place 6~10
from the place 61~65
from the place 66~70
from the place 71~75
from the place 76~80
from the place 81~85
from the place 86~90
from the place 91~95
from the place 96~100

アーカイブ

11月 2018
10月 2018
9月 2018
8月 2018
7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011

検索エンジンの供給元:

マイブログ

10月 2011

ある域からの.2-2

前回からの続きです。何気ない場所、風景のからのとても個人的な作品です。
下に記したのは画面上のオブジェクトの点とそのラインを結んだ様子です。
















図1   connecting positionings and lines
















no. 030310   from the series of de-ku-wa-su, 2010

作品にもよりますがあえて示しますとこのようになります。

古家 万


quite imagination

先日、出先で偶然にもおもしろいものを見つけたので急遽今回はこちらを特集いたします。
伝説の巨神(巨人ではない、ちなみに)と言えば、、、そうイデオン。















図1   これがその商品。”ソロシップイデオン”と表記されています。

中学生くらいの時ジャンルに限らずプラモデルをよく作ったものですがこれは知らなかった。
しかしこの昔の商品、頭をよぎるのは”なぜ”のオンパレード。
パッケージをよく見ると。(これ通常は完成予想図となります。)
イデオンがソロシップより大きいって、、、と言うよりは⁈♨…♭アレッ?⏎〠☆
いや、イデオンが妙な変形してソロシップと融合しちゃってるんですが
いや、これ公認シールが貼ってある正規の商品ですけど
いやいや、商品化の際モックアップ、高額な金型を製作する過程で誰もツッコミを入れなかったのか、とか?いや慎重に企画したはず、とか。
商品化への時間的な都合を考えればもしかしたらこれが初期のデザイン設定
だったのか、とか。よく見るとこの後お目にかかる”アイアンギアー”に通じているような。すいません、富野由悠季監督はこれご存知なのでしょうか、などなど。















図2   通常、箱の側面には組み立て完成例が記載されるのですが、、、

さて肝心の中身ですが箱がシールされているのも手伝ってまだ中を見ていません。いや恐くて見れません。逆に見ないでこのままにしておいた方がおもしろいかと。
番組放送そして現商品の販売当時から随分月日が経ちました。この商品の歴史と存在の経緯がとても気になるある意味骨董の世界でございます。

古家 万

ある域からの.2-1

今回は日常をとらえた作品です。
やはりこれも撮影行脚中に出くわすのですがこれこそ出くわす風景そのものかも知れません。今回の現場は西伊豆です。
















no. 030310   from the series of de-ku-wa-su, 2010

何と言いましょうかふと目に入ってしまったら最後、構図を整えて撮影してみたくなる風景が時々現れます。説明しようと思えば微妙さ加減を幾らでも語ることが出来る、そんな作品です。絵画ではスティルライフ、静物画というジャンルがあるのですがそれに近いのかもしれません。時々道を外れて無性に撮りたくなるのです。

つづく
古家 万


ある域からの.1-3

今回は本作の流れを汲むテストショットをお届けします。
撮影行脚の途中では色々な所に見学と称して寄り道をします。そこでは意外におもしろいものに出くわすことも多々ありまして。















no. 052210-1   Untitled, 2010
これは島根県にあります足立美術館の枯山水庭園の様子。こちらは庭園自体と
遠目の山並みを組み合わせて景色が作られた庭園、借景庭園として有名な所です。  この写真は私が意図的にその借景の手前中心に赤松の幹を持ってきてそれら庭園を  さらに借景とした図です。
















no. 052210-2   Untitled, 2010
こちらは同庭内、建物からの眺望。”フレーム越しの画”として見立て設計思案されたものとのこと。こちらは窓枠を利用した借景の借景。












no. 102210-2   The Falls, The View from Behind, 2010
そしてこちらは本作。滝壺自体がフレーミングの役割を持ち且つ手前のウォータースクリーンとその奥の遠景はさらに相互に借景の関係を担っています。
おそらく自然のものであろう左手の木と右手の大きめの岩の配置などはもはや
奇跡的。なかなか出会うことの少ないロケーションであります。












no. 112510   Untitled, 2010
秋ですね。こちらは去年のテストショットからですが季節がらということで。

古家 万









ある域からの.1-2

今回取り上げましたのは
”月明かり滝壺から流水越しの眺め”
です。

太陽光とその反射光では元々光の性質が違います。両光でも雲がかかったり霧が出るとまたそれぞれの違った光の性質が生まれます。普段目にしている世界は本来光の波長がそれぞれの物体に反射、吸収され〜などと言っていますと長くなりますので次へ

↑こちらは日中、ロケハン時のテストショット。空は晴れ時々薄曇り。
↓そしてこちらが夜間、作品としての本番ショット。


no. 102210-2   The Falls, The View from Behind, 2010

場所にもよりますが現地のような木々が生い茂った所では光源が非常に不足になりがち。今回の撮影条件は晴天不可欠、且つ月が天頂付近に差し掛かかるタイミングでの撮影でした。作品はそのような撮影環境から自然とトップライトの陰影の深い感じとなっています。
このように双方を並べ比較してみますと太陽光と月光において木、岩、水しぶき
などに当たるの光の回り具合の相違がよく観察出来るのではないでしょうか。

つづく
古家 万