キャッチコピーなど - キャッチコピーなど
RSS

最新記事

from the place 269
from the place 268
from the place 267
from the place 266
from the place 265

カテゴリー

Curiosity
Exactly
from the place 186~190
from the place 1~5
from the place 101~105
from the place 106~110
from the place 11~15
from the place 111~115
from the place 116~120
from the place 121~125
from the place 126~130
from the place 131~135
from the place 136~140
from the place 141~145
from the place 146~150
from the place 151~155
from the place 156~160
from the place 16~20
from the place 161~165
from the place 166~170
from the place 171~175
from the place 176~180
from the place 181~185
from the place 191~195
from the place 196~200
from the place 201~205
from the place 206~210
from the place 21~25
from the place 211~215
from the place 216~220
from the place 221~225
from the place 226~230
from the place 231~235
from the place 236~240
from the place 241~245
from the place 246~250
from the place 251~255
from the place 256~260
from the place 26~30
from the place 261~265
from the place 266~270
from the place 31~35
from the place 36~40
from the place 41~45
from the place 46~50
from the place 51~55
from the place 56~60
from the place 6~10
from the place 61~65
from the place 66~70
from the place 71~75
from the place 76~80
from the place 81~85
from the place 86~90
from the place 91~95
from the place 96~100

アーカイブ

7月 2018
6月 2018
5月 2018
4月 2018
3月 2018
2月 2018
1月 2018
12月 2017
11月 2017
10月 2017
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
7月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011

検索エンジンの供給元:

マイブログ

from the place 269

西日本での豪雨災害、他人事とは思わないこと、明日は我が身ということは大切に思います。
思考には大丈夫という安心回路が備わっています。正常性バイアスね。なければ
日常なんて過ごしてはいられないですからね。しかし時と場合によりましてはそのリミッターを調整してあげないといけない場合もあります。普通は中々どうして難しいかもしれません。
平和ボケという言葉がありますが身の危険以外でも色々ありまして例の法案など売国なのだけれど。私には関係ないという言い方も出来ますがついついね。明日は我が身。真面目に語るとこうなります。^^

そのようにもやっている時にはこちらをどーぞ。






















No. 062518   The City and A Moon Trail, 2018

古家 万

from the place 268

今回は試写から。






















何を撮影しているのかと言いますと、色々。
分かり辛い所で言いますとポールの合金の結晶が模様のようにあらわれてかっこいいなぁ。製造元の技術者は語ることいっぱいあるんだろうなぁ。とか。

ところで私たちって飼いならされているんですかね。皆さんビジネスなのか本当のところなのか、もしくは本当に気がつかないのか、で見回すと興味深いんですけど見えすぎるっていうのも辛いですからね。まあ私はというと作品をご覧になれば分かるでしょうか。^^

No. 061718   Untitled, 2018

古家 万


from the place 267

前はもう少し面白かったのだけれど。












と言われないようにプロというのはそれなりの代償を負う。
よく見ると縮図を感じるのだが考えすぎだろうか。^^

No. 091013-2   Untitled, 2013

古家 万



from the place 266

梅雨らしい日々が続く今日この頃。










































意外なことに街を歩くとそこら中にあじさいってあるんですよね。
一年中気がつかないって。^^
紫陽花、漢字で書くと。ひらがなでもいいかな。























こちらはたんぽぽの大きい版?葉をみる限りキク科であり。
ニュープロジェクトの試し撮り。


No. 061718-1,2   Hydrangeas, 2018
No. 060318   Test Shot for the new project, 2018


古家 万

from the place 265

さて、こちらの鹿島様。

























手前に見えますのは灰山が二つ。
要するに先日生まれ変りましたの図で御座います。
ここからは私の想像ですがこの鹿島様、これは虫などをコントロールする
 ”もこ巻き” が様々な物語の過程を経ての様態なのではないかと。^^



No. 042918-2   Kashima-Sama and Remains, 2018

古家 万


from the place 264

時は2018年5月24日























そう、季節的には花々を探しての撮影のとき。^^


No. 052418   Poppies and A Moon Trail, 2018

古家 万


from the place 263

さてこの鹿島様、
一体どのように撮影したものだか





















いつものように夜間撮影?
いや、長時間8x10カメラを向けてって?
そのようなことをしたら鹿島様、夜に活動出来ないではないか!
それでは申し訳ないしそこからは向こうの世界、邪魔してはいけない、
いけない。
というわけで休んでおられる日中に撮影させて頂きました。^^
画面を通過するこん棒は?
画面の面白さと不可侵さ、不可解さ、シンボル的な象徴として入れてみました。


No. 042918-1   Kashima-Sama, 2018

古家 万


from the place 262

化身さま
にお会いした後は






















桜でございます。^^
天候的には晴れなのですが低い雲でしょうか霧のようなものが一晩中ありまして少し風でもあればまた違っていたでしょうか。
月はカメラの後ろを通過していますので作品中の光のグラデーションは不可算な要因によるもの。桜の開花時期と月齢が合えばまた行って見たいと思います。

No. 043018   The Cherry Tree, 2018

古家 万


from the place 261

鹿島さま〜!(2回目)^^























何やら、
あそこに鎮座しますのは。
こちらも産まれたてのご様子。
反面最近重要な方々が。としますと影響を与えるということは一つの意味と
なり得ると思ったりします。刺激を受けない与えないってさびしいことかも
しれませんねぇ。


No. 042418-2   Kashima-Sama, 2018


古家 万



from the place 260

鹿島さま〜!






















そうこれが噂、これこその鹿島様。
偶然にも本年度生まれたての現場に遭遇。
ちなみに昨年度の年季の入ったお姿はどの様に、、というのが気になるのですが
来年度少し早めに訪れて見るとしますか。^^

No. 042918   Kashima-Sama, 2018

古家 万